移住前・引越しの時のことを書きたいと思います。

うちの場合、手間はかかるけど激安な方法で引っ越しました。これからお引っ越しされる方の参考になれば幸いです。

 

八丈島への引っ越し方法

夫調べによると、八丈島への引っ越しは主に以下の方法があるらしいのです。

 

  1. コンテナを借りてそこに詰める。
  2. 船で車を運ぶ。そのときに車の中に荷物を入れる(超過料金あり)。
  3. ヤマト運輸さんのヤマト便で送る。

 

2の車に詰めて運ぶはよほど荷物が少ないか車が大きいかでないと無理でしょう。

単身ならまだしも、家族がいるとなるとそうはいきません。

 

また、1のコンテナを借りる方法は高くつくらしいのです。

やっぱり離島への引っ越しは事情が違う…

 


そんなわけで、我が家では3のヤマト運輸さんのヤマト便を利用する方法をとることにしました。八丈島にはヤマト運輸さんの集荷場があるのです。

ほぼ全てのモノをヤマト便で送りましたよ!

 

www.kuronekoyamato.co.jp

 

衣類も靴もバッグも

本もCDもDVDも

テレビもオーディオも

布団もカーテンもタオル類も

お鍋もフライパンも食器類も

洗面用具も、掃除道具も

洗濯機、オーブン…


ありとあらゆるモノを、段ボールに梱包して、ヤマト運輸さんの集積所へ持ち込むことにしたんです。

 

おそらく40~50個!!

 

f:id:colibli:20170118152728j:plain

 

↑一部屋は段ボール置き場と化している…

 

少しでもまとめた方が安いということで、人力で運べるギリギリの重さ&大きさの箱を作っています。

 

 

売られている既製の段ボールの大きさは決まっているけれど、当然どうしても入らないモノもあり…そんな時は、夫が段ボールを入れるモノにあわせて自作(切ったり貼ったり繋げたり)しました。


さすがにこんな段ボール、ヤマトさんが引くだろ…というような形もあり(笑)

例えばコレ。

 

 

f:id:colibli:20170118152801j:plain

 

スーパーでご自由に、と置いてある段ボールを4つ組み合わせたもの(衣装ケースとか、突っ張り棒のような長いものを梱包する用)。

 

そんな色んなサイズの段ボールたちを、ヤマト運輸さんの集積所まで運び入れました。

 

 

 

え?安すぎない…?

さすがに50個も段ボールを持っていくのは大変。2日に分けて行くことになりました。初日は夫がなんとか19箱抱えていきました。

ここで予想外のことが起こります。

 

 

 

夫が帰宅するなりこう言うんです。


「なんか…ヤマト便、めっちゃ安かったんだけど。」

 

…ん?

 

数週間前、夫調べによると

ヤマト便は【一箱だいたい千数百円くらい】だと聞いていました。

 

まぁこれでも、普通に引っ越しする分には安い。

それが実際、もっと安かったと言うんです。

 

 

なんでも、【1回で持ってきた箱をまとめて計量された】らしいのです。

 

そのため、一箱一箱、ゼロからのカウントではなく、【まとめて大きな一箱】のような扱いだったみたい。つまり送り状は一つ。

 

 

 


今日、夫は19箱運んで行った。

 

 

それが全部まとめて¥3000だったと言うんです。

 

 

19箱も送って3000円!?

何かの間違いではないだろうか。

 

 

ちなみに合計200kg、と計量されたもよう。

 

計画段階では、一箱1500円くらい×50箱くらいだから、引っ越し費用に8万~10万円くらいかかると思っていました。

 


それがひょっとすると、10分の1くらいで済んでしまうのかもしれない!というまさかの展開になりました。

 

確かにヤマト便の規格を見ると、

  • 宅急便のサイズ(縦・横・高さの合計が160cm、重さ25kg)を超えるお荷物
  • 一梱包あたり30万円を超えるお荷物をお届けします。

とあるため、重い物を運んでくれるという位置付けのよう。

えーでもそういうことなの〜???

 

 

集荷場でのやり取りを私がしたわけではないので、詳細は不明ですが、このヤマト便というサービスがかなり使えるということがわかりました。

島以外でも、単純に引っ越しに使っても良さそう。

 

 

ちなみに引っ越し後すぐ、八丈島のヤマト運輸の肩が4名ほどで運びに来てくれました。とても元気が良く爽やかに配達してくれました♪こんな大量だったのにスミマセン。

 

 

送れなかったもの

冷蔵庫のみ、大きすぎて送れませんでした。

その記事はこちら。

www.hachijo-life.com