(この段落は2009-12-14追記)今は普通に http://www.centos.org/ からダウンロードできます。こんなただのフライング記事がいつまでもGoogleの上位にいるとはアレな話ですね。
———
まだ各ミラーサイトでミラーリング中のようで、5.4のディレクトリがまだなかったり、Forbiddenになってるミラーだったりしていますが、根気よく探すと、ちょうどミラー中と思われるミラーサイトで5.4のファイルを見ることができます。ここからいきなりISOイメージを落とすのは大変気が引けるので、torrentファイルをこっそりDLして、BitTorrentでダウンロードしました(これですらお行儀悪い気もしますが)。BitTorrentはすでに先人がたくさんいるようで、比較的すんなりダウンロードできました。
で、とりあえずテキトーにインストールしてみたのですが、インストーラで「仮想化」と「KVM」を同時にインストールすると、Xenも一緒に入る(or Xenしか入っていない?)ようで、Xen環境ができてしまいました。ううん?パッと見た感じではVirt-Managerのバージョンが上がって、画面のサイズが変えられそうな雰囲気になっていました。……と、会社では(時間的にも)超・中途半端な検証結果だったのですが、これからちょっと自宅のML115に入れて遊んでみたいと思いますー。
あと、Xenと言えば、xen-3.0.3-94パッケージがやっと出てきたので、32bit Guest on 64bit Hostな環境でのライブマイグレーションもできるようになります(なってるはず)。こちらは明日会社で検証したいと思います。

(追記)インストーラの仮想化の選び方

  • Xenを入れたい→(カスタマイズの所で)仮想化にチェック。
  • KVMを入れたい→(カスタマイズの所で)KVMにチェック。

パッケージジャンル選択(?)の所でXenとKVM分けたら良いのになぁ。